MENU

失敗する住宅ローン

住宅ローンの組み方によっては失敗してしまって将来住宅ローンに苦しんだり住宅ローン破産をしてしまうという可能性がありますから注意した方がいいでしょう。たとえば住宅ローンを組む際には返済を楽にしたいのでたくさん頭金を用意して家を購入すればいいと思っている人も、実は将来住宅ローンで苦しむ可能性があるといわれています。そしていま住んでいる場所の家賃と同じ住宅ローンなら何とか返済できるからといって住宅ローンを組んだ人も将来のことを全く考えていませんね。老後に負担を増やしたくないからといってローンの期間を短めに設定しているという人の場合にも実は住宅ローンで苦しむ要素があるといわれています。

 

また繰り上げ返済は利用した方がいいといわれていますが、一刻も早く繰り上げ返済して住宅ローンを早く終わらせようと思っている人、住宅ローンを選ぶ際にはとにかく金利だけを見て金利が安ければそれでいいと思っている人も将来的に住宅ローンに苦しめられたり、住宅ローン破産をしてしまうかもしれませんから十分に注意した方がいいといわれています。住宅ローンを組む際にはできるだけ失敗したくないという人が多いと思いますから失敗しないようにしましょう。

住宅ローンの保障

住宅ローンの保証人についてですが、住宅ローンの保証人というのは、住宅ローンを借りていたのに、お金を返すことができなくなってしまったときに、その人の代わりにお金を払わないといけない人のことをいいます。住宅ローンの保障品には普通保障品と連帯保証人がありますから確認してみましょう。まず住宅ローンの普通保証人というのは、返済できなくなったときに保証人に請求を求めた場合でも財産の差し押さえなどをして強制執行をしてもらって保証人が住宅ローンを払わなくてもいいようにできます。

 

しかし住宅ローンの連帯保証人の場合には、一切それらがないですから連帯保証人が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになります。最近は連帯保証人の代わりとして住宅ローンを組む際に保険会社が保証人になることもあります。その場合には保険会社に保証料を支払わなくてはいけないことになって場合によっては50万円以上も支払わないといけない場合もあるといわれています。もしも住宅ローンを支払えなくなって保険会社が支払うことになっても住宅ローンが消えたわけではなくて、住宅ローンの支払いを保険会社が変わりにしただけで結局は次は保険会社に返済していかないといけないことになるということには変わりありません。

銀行の住宅ローン

 

銀行の住宅ローンについてですが、銀行の住宅ローンと一言で言ってもいろいろな種類がありますよね。銀行の住宅ローンの商品の種類は銀行ごとにも違っていると思いますが、同じ銀行の中でも住宅ローンの種類がたくさんあると思います。たくさんある中で銀行の住宅ローンを選ぶ際には何を基準にして選べばいいと思いますか?住宅ローンを選ぶ際の基準としてはやはり銀行の住宅ローンは金利を見て選ぶといいのではないでしょうか。銀行の住宅ローンごとに金利が違っていますから少しでも低い金利の住宅ローンを選ぶようにするといいと思います。

 

銀行の住宅ローンは金利比較をして選ぶのがいいといいましたが、金利の低さだけではなくて、固定金利なのか、変動金利なのかについてもきちんと確認したうえで銀行の住宅ローンの金利を選ぶようにした方がいいかもしれませんね。銀行の住宅ローンを選ぶ際に、物件を購入する不動産会社と提携している銀行の住宅ローンを選んだ場合には、頭金が不要になることもありますし、他にも、保証料が不要だったり、繰り上げ返済手数料が無料になるということもありますから金利以外の面でも住宅ローンを銀行で借りようと思っている場合には比較してみるといいでしょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク